株式会社村田製作所は、第7回 インターフェックスWeek大阪 - [医療品] [化粧品] 製造展- に出展しました。
インターフェックスWeek大阪は、医薬品・化粧品分野の研究機器、原料、製造装置、
AI/IoT、シーズ技術などが一堂に出展する西日本最大の研究・製造技術展です。
当社ブースでは、ムラタ独自の設備稼動分析ソフトウェアと現場経験者によるシステム導入と
活用の支援サービスをパッケージ化したワンストップソリューション「m-FLIP」や、
簡単に設備や人の状態を記録・蓄積可能な工程改善・見える化ツール「JIGlet」を紹介します。


WW_common_email_murata_diamond.png
出展アイテム


jp-2020f-029-icon.png
m-FLIP(製造業向け稼動率改善ソリューション)
jp-2020f-029-line.png
jp-2020f-029-info-mflip.jpg
設備稼動率に関してこんなお悩みはございませんか?
・稼動率低下の主要因が分からない。
・定量的なデータが取れないため改善が進まない。

m-FLIP(muRata Factory Line Integration Platform)は、村田製作所の長年の経験を活かした生産改善プラットフォームです。設備稼動の詳細情報や月報アプリなど、さまざまなデータや効果を“見える化”し、スピーディに改善策を導くための人的サービスを結合。まるで一枚のフリップに描き出すように、効率化や成長が現場で実感できます。
生産性向上を追求してきたムラタ独自のソリューション「m-FLIP」がIndustrial IoT化を加速させる無線センサと連携スタート!
多角的な分析をサポートします。
設備稼動率アップによる生産能力の向上や工数削減や、既存リソースを有効活用することにより設備投資抑制に繋げられます。

m-FLIPの紹介は こちら>
製品に関するお問い合わせは こちら>
その他関連リンクは こちら>


jp-2020f-029-icon.png
JIGlet(スマートものづくり支援ツール)
jp-2020f-029-line.png
jp-2020f-029-info-Jiglet.png

簡単導入!さまざまな製造現場にピッタリの工程改善・見える化ツールです。
■製造現場の改善活動を支援
現場担当者が、3種類のデバイスと、データ収集設定(ロジック)とを、創意工夫して組み合わせることで現場のさまざまなシーンに利用できます。SIM内蔵デバイスを活用し、簡単に設備や人の状態を記録・蓄積し、工程のばらつき・ムダをグラフで“見える化”します。
■3ステップで簡単に現場のさまざまなシーンで利用可能
①デバイス設置(SIM内蔵ですぐ使える)
②データ収集設定(指一本で編集可能)
③通知 / 見える化

JIGletの紹介は こちら>
製品に関するお問い合わせは こちら>
その他関連リンクは こちら>

WW_common_email_murata_diamond.png

会場案内
jp-2020f-029-logo.png
jp-2020f-029-map.jpg
会期:2021年2月24日(水)~2月26日(金)
会場:インテックス大阪(オンライン同時開催)
当社ブースNo.:4-7
公式サイト:https://www.interphex-osaka.jp/